伊藤整の長編自伝小説『若い詩人の肖像』(初版、新潮社、1956) 読了

札幌のホテルで伊藤整の長編自伝小説『若い詩人の肖像』(初版、新潮社、1956) 読了。この作品は、「海の見える町」(『新潮』1954年3月)、「若い詩人の肖像」(『中央公論』1955年9-12月)、「雪の来るとき」(『中央公論』1954年5月)、「父の死まで」(『世界』1956年1月)の連作に加筆集成したものである。時にだぶりの記載があるのはこの連作のあとをとどめているためと思われる。

 伊藤整の作品は、詩、小説、評論をふくめてかなり読んできたのだが、この代表作『若い詩人の肖像』は後回しにしてきた。今回の札幌出張を機に集中することにした。

 塩谷村(現小樽市)で育った著者が、小樽高等商業学校(現小樽商科大学)に入学し、地元の中学校の教師となり、東京商科大学一橋大学)に合格して上京し、北川冬彦梶井基次郎ら文学仲間と付き合い始めるまでを描いたものである。

 この間、著者は、詩への目覚め、恋人との出会いと別れ、父親との葛藤、同人誌の刊行、小樽高商での先輩小林多喜二との出会い、『雪あかりの路』の刊行、中央詩壇への憧れと羨望を、詳細に描いている。

 最も特徴的なのは、若者特有の自負および生と性への関心と恐れが、如実に詳細に書かれていることであろう。女性を含めた対人関係でのためらいや自己肯定と卑下の思いが二重三重にこれでもかと書かれていて、背景は全く異なるが、わたし自身の若い時の情感と重なるものがあり、身がつまされるような思いで読んだ。

 一方、1920年代の中央や地方の詩人や小説家の動向も出てくるし、同人誌や文芸誌、総合雑誌に掲載された作品についての言及もあり、著者の目に触れた文学出版史を追うこともできる。小樽高商の教師大熊信行の姿も描かれ、さらに東京商科大学の福田徳三の経済学書の内容にも触れていて、同時代の知的側面の一端にも触れることができる。

 梶井基次郎に親しく接し、彼の小説の生まれるイメージ形成の根底を知り、自らの詩の位置を自覚させられる。そして父の危篤の報により帰省する列車内での思いの描写でこの長編自伝小説は終わるが、それは「詩との別れ」でもあることが暗示されている。

 著者特有の文体を説明するのは難しい。ぜひ直接に作品に触れて確かめてほしい。この優れた作品は、今日、品切れであるが、古書店で入手して読まれることを期待する。

安東と清州の会議(2017年8月)に参加して

【旧稿掲載】

安東と清州の会議に参加して
竹中英俊 20171008
 
この8月、東洋Forum 主幹の金泰昌先生の招きにより、二つの国際会議に参加した。一つは、10日から12日まで、安東の陶山書院sunbi文化修練院で開催された「2017年 嶺南退渓学研究院・陶山書院sunbi文化修練院 共同主催 第2回国際学術大会 畏天活理の人文学」(後援:東洋Forum(劉成鍾 運営委員長、金泰昌 主幹))〔以下、「安東会議」と略称〕であり、もう一つは13日から15日まで、清州大学校芸術大学で開催された「2017韓中日 東洋フォーラム 霊魂の脱植民地化・脱領土化と未来共創――趙明煕・夏目漱石魯迅の比較照明」(東洋日報、東洋Forum 共催) 〔以下、「清州会議」と略称〕である。
本稿では、二つの会議に参加した、その感想を記録するとともに、会議終了後に友人とともに訪問した清州市古印刷博物館についても書くことにしたい。この博物館は、40年以上にわたって日本の大学出版会で出版編集に関わってきた私が、東アジアの、そして日本の印刷出版文化を考える際の基点をなすものだからである。
 
1.    安東会議
安東会議は初日10日の夕方から参加した。夕食の後、この文化修練院の下にある李退渓宗家を訪問する。私がここに訪れるのは3度目である。お元気な第15代・16代当主の話しを聞くことができたのは嬉しいことであった。
翌日11日は早朝から、有志参加による「活人心方体験」として「陶山書院・退渓瞑想路散歩」のプログラムに参加した。ここの朝は美しい。雨上がりに、対向する山に朝霧が立つのが、いかにもこの地に似合う。文化修練院の裏山に上り、それから降りて30分歩き陶山書院へ。書院から洛東江をはさみ試士壇が見える。
9時から会議が始まり、その冒頭で「特別講演」として「阿部吉雄『日本朱子学と朝鮮』の出版経緯」と題して発表した。司会と通訳を北九州市立大学の金鳳珍教授が務められた。同教授は、私の言葉の足りない分を補って伝えてくれたため、内容は良く理解されたのではないだろか。コメンテーターは、未来共創新聞編輯長の山本恭二氏。なお、その場で紹介した稀覯本『阿部吉雄遺文』には多くの方が関心を持ったようだ。
 私のあとは、韓国の5人による李退渓思想に関する専門的な内容の発表がなされ、その内容はレベルの高いものであった。
12日三日目。早朝より数台の車で下渓マウルの高台にある李退渓の墓参。ここに墓参するのは三度目。9時から一時間、李退渓の生涯と思想について修練院理事長の金炳日氏の講義を受け、それから李退渓の陶山書院に向かった。
陶山書院では、講堂として使用された典教堂で儒教式の礼装をして、私を含めた3人が参拝者を代表するかたちで李退渓の位牌が祀られていると尚徳祀に導かれ、拝礼をした。
午後、数台の車で安東市内から(作家の立原正秋ゆかりの)鳳停寺の方面に行く途中にある鶴峯宗宅を訪問。金誠一(鶴峯、文忠)は李退渓の高弟であり、朝鮮朝の官僚である。1590年、副通信使として豊臣秀吉に謁見し、王への帰国報告で秀吉に侵略の意図なしと言い、のち、苦境に陥るが柳成龍に救われ、文禄の役で活躍した人物である。『海槎録』の著者。15代宗孫の金鍾吉氏にご案内いただき、手作りの菓子を美味しくいただいた。(なお、ここには2011年10月に訪れている。)
 
2. 清州会議
 鶴峯宗宅を後して、嶺南大学校のチェジェモク教授の運転する車で、清州市へ移動した。車中、崔教授と野間秀樹『ハングルの誕生』についてなど話をする。会議の会場であり宿泊施設のインターナショナルロッジのある清州大学校芸術大学へ着く。
バスで40分ほどの距離のある鎮川市で夕食会。東洋日報の主宰。同地は詩人、小説家の趙明煕の生地であり、夕食後、その文学館を見学する。代表作『洛東江』(1927) は岩波文庫『朝鮮短編小説選』に収録されている。これはかつて私も読み、読み応えのある優れた作品である。
13日9時から「2017韓中日 東洋フォーラム 霊魂の脱植民地化・脱領土化と未来共創――趙明煕・夏目漱石魯迅の比較照明」が始まる。主要な参加者はペーパー提出していて、当地の新聞『東洋日報』に掲載されている。周到な準備をもってなされている。
三人の作家をモチーフとした創作画が会場に展示され(その画家も参加)、創作詩が朗読され(その詩人も参加)、関連する音楽も流されるという、新スタイルの工夫された会議であることに感心した。
夕食会は、道の教育監主宰。私は、その教育監と腕を絡めての酒を交わす役割。飲み干さなければならない。料理と酒を堪能した。
14日9時から会議二日目が始まった。午前は、深尾葉子(阪大)、柴田勝二(東京外大)、片岡龍(東北大学)の各氏の発表と対話。
午後は、大学院生を中心とする若手による二日間参加の感想と対話。若手の発言は、テーマを敷延してのもの、自己自身の考え方、また率直な疑問も示され、このようにして問題意識が世代継承されていくのだと思わせ、新鮮で、感動的なものだった。
今回のフォーラムついて本日の『東洋日報』が一面で報道。昨日の夕食会は道の教育監の主宰であり、今日のは清州市長の主宰である。現存する世界最古の活字印刷本『直指』を生み世界文化都市を宣言したこの地域をあげての行事であることが実感された。
8月15日。この日を韓国で迎えるのも意味ある。9時から会議の三日目が始まった。この中で、李東建氏(嶺南退渓学研究院理事長)が次のように述べたことが特に印象に残った。
《今日は8月15日で韓国の独立記念日である。72年目。果たして韓国の脱植民地化はどこまで進んだのか。脱植民地化には先頭に立つ人が必要であり、ここに集った若い参加者がその任を是非担ってほしい。また、未来共創には脱植民地化だけではなく普段のイノベーションが欠かせない。そのイノベーションのきっかけにこの会議がなることを望む。》
夕食会は、東洋Forum運営委員長の劉成鍾氏の主宰。一流の店で、従業員の立ち居振る舞いもきびきびしていて、とてもいい感じであった。
これで、清州での三日間の公式行事を終了。
 
3.  清州市古印刷博物館
8月16日。現存する世界最古の金属活字印刷本『直指』を印刷した興徳寺の跡に建てられた清州古印刷博物館を見学した。同行は、都留文科大学の辺英浩氏、未来共創新聞の山本恭司氏、円光大学の柳生真氏、そして日本への大学院留学生3人。その『直指』に関連する展示、活字印刷のプロセス、また世界の印刷史の展示など、とても興味深いものであった。
  私が驚いたのは、展示されている世界印刷文化史年表の現代の項に、高橋和巳『わが解体』(河出書房新社 1971)の書影があったことである。なぜ? どうして?  ハングルを解読すると『わが解体』の書影の下には「현대 가나 문자 (現代仮名文字)」とあり、右には「가나로 적힌 책표지 (한자혼용)(仮名で書かれた本の表紙(漢字混用)」 とある。そして、それらの下には中国の「현대 한자 (現代漢字)」とある。つまり、この博物館の世界印刷文化年表は、現代の仮名文字の本の代表例として、高橋和巳『わが解体』を掲げている。装幀は、杉浦康平である。この本は、1971年3月の刊行。その5月に高橋和巳逝去。青山での葬儀には、19歳の私も参列した。私にとって特に思い出深い本である。この展示は高橋和巳の作品への注目とともに、杉浦康平の装幀への評価に基づくものかもしれないとも思った。東アジアでは、杉浦康平に対する評価が極めて高いらしい。
  なお、同行した延辺朝鮮族出身の京都大学院留学生の李静さんは「高橋和巳というのは、李商隠について本を書いた人ですか」と声をかけてきた。その通り! 小説家として、そして中国文学研究者としての高橋和巳は今も生きている。
この博物館を見学中、同行した柳生真氏に、清州市に住む金泰昌先生から昼食招待の電話が入った。タクシーで指定された「清州本家」本店へ。いただいたビビン冷麺は、細麺で本場の辛さであり、胃に滲み透るものだった。そして昼食後、金先生宅に招かれ、奥様とお嬢様のおもてなしで、トク(餅)とコーヒーをいただいた。
怒涛のような6日間連続の二つの会議の後の「清州の休日」だった。
翌日17日、山本恭司氏とともに釜山経由で帰国。金海国際空港から関西国際空港まで搭乗時間80分。日本と韓国の近さと遠さを思った。
 
おわりに
安東の陶山書院は4回目、また清州は3回目だった。いずれも金泰昌先生と一緒であるが、安東も清州も、私にとって故地を訪ねる懐かしさの感情を伴う場所であることを、今回も実感した
二つの会議への参加にあたり、東洋Forum運営委員長 劉成鍾先生はじめ多くの方のお世話になった。心より感謝する。また、このような機会を得たいと願っている。
(たけなか・ひでとし  北海道大学出版会相談役、元 東京大学出版会常務理事・編集局長)
 
 

坂手洋二と満田康弘のカウラ事件

 坂手洋二の戯曲『カウラの班長会議 side-A』(松本工房、2021.8.20) を読んだ。2014年にオーストラリアのカウラで上演されたこの劇は満田康弘監督のドキュメンタリー映画『カウラは忘れない』にも登場する。これらで扱われるカウラ事件とは、1944年8月5日、カウラの捕虜収容所で、日本人捕虜1104人による「死への集団脱走事件」が起こり、脱走者234人が亡くなった事件である。捕虜となっても「生きて虜囚の辱めを受けず」により偽名を通していたため、脱走の際に死亡した多くの人の身元がはっきりせず、事件そのものが日本ではそれほど知られていない。

 この『カウラの班長会議 side-A』は、全員投票という一見民主的な脱出決定に至る日本人捕虜の場面と、この様子を映画として演出するオーストラリア側の女性たちの語り合いの場面と、そしてその両者の混淆の場面とで構成され、自ずと見るもの(読むもの)に「死の脱出」について考えさせるようになっている。工夫を凝らした優れた作品である。

なお、私が、オーストラリアと日本とが特異な歴史体験をもつことを印象づけられたのは、小山俊一の『EX-POST通信』(弓立社、1974)に納められたカウラ捕虜収容所事件についての評論だった。ずーと気になっており、2003年にキャンベラの戦争博物館を訪ねた際にも、カウラ事件も展示に見入った。

その後、加藤めぐみ『オーストラリア文学にみる日本人像』(東京大学出版会、2013)の編集企画を担当したが、この本では「カウラ捕虜決起事件」として、オーストラリア人によって描かれたフィクションおよびノンフィクションが扱われている。オーストラリアにとても忘れられない事件だったことが分かる。

由井りょう子『黄色い虫 船山馨と妻・春子の生涯』を札幌で読む

船山馨が生まれ青少年期を過ごした札幌の地で、由井りょう子『黄色い虫』(小学館、2010)読了。サブタイトルが「船山馨と妻・春子の生涯」とあるが、内容的には「船山馨の妻・春子の生涯」と言うべきだろう。作家船山馨の作品には思い入れせず、春子の遺した日記と家計簿などを読みながら春子に対して「めちゃくちゃじゃない」と叫びたくなる著者の思いがこの一冊を貫いていて、飽きさせない。

春子は夫・馨が朝の7時過ぎに亡くなったその日の夜10時45分に急逝した。「比翼連理の夫婦」と言われたが、著者は「比翼連理の夫婦どころか、知れば知るほど、よく言えば破天荒、悪く言えばいい加減な春子の姿」が浮き上がってくるという。本書にはそのようなエピソードが溢れている。

例えば、戦時中、離婚してひとりの編集者として働いていた春子は、子どもを産んで育てようと決意し、結婚を前提とせずに馨の子を妊娠した。馨の前で堕胎薬を飲んだ(ように見せかけた)。ひとりで産み、赤子をリヤカーに乗せて馨の前に現れた春子と馨の応答

「春子さん、これではだまし討ちだよ。約束が違う」--「確かに約束が違います。失礼しました」。

なおタイトルの「黄色い虫」は、夫婦ともにヒロポン中毒になっての幻覚である。馨は「手の甲や指の股から、針の頭ほどの黄色い斑点が、無数に湧き上がってくるのを見て愕然とした。…毛穴という毛穴から、蛆のようにうごめきながら出てくる。」と書く。この「黄色い虫」が春子にも見えるというから、凄まじい。

 ともあれ、これもひとつの愛の姿であろう。

 

 

f:id:takeridon:20211006070519j:image

 

 

関川夏央・谷口ジローの劇画『『坊っちゃん』の時代』全5巻(双葉社1987-97)

関川夏央谷口ジローの劇画『『坊っちゃん』の時代』全5巻(双葉社1987-97)を読み終えた。最初に大逆事件を扱った『第四部 明治流星雨』を読み、これは並々ならぬ力作であると感じ入り、ほかの巻をも読まずばなるまいと思い、入手して読んだのである。

全巻構成と主人公は次の通り。
第一部 「坊っちゃん」の時代
夏目漱石森田草平大塚明子
第二部 秋の舞姫
森鴎外とエリスと二葉亭四迷
第三部 かの蒼空に
石川啄木金田一京介と管野須賀子
第四部 明治流星雨
幸徳秋水と管野須賀子と荒畑寒村
第五部 不機嫌亭漱石
夏目漱石石川啄木

虚実取り混ぜたフィクションであるが、虚誕としては山田風太郎の明治ものには及ばないながら、谷口ジローの劇画はとても優れたものであり、総体として明治後期の時代と明治人たるものを感じるには、いい入門書である。サブタイトルの「凛冽たり近代 なお生彩あり明治人」の示す通りである。
なかでも傑出しているのは大逆事件を扱った第四巻。幸徳秋水、管野スガ子、堺枯川荒畑寒村など、また、山県有朋桂太郎平沼騏一郎原敬、そして森鷗外石川啄木など、直接間接に事件に関わる人物の特徴も捉え見事に描いている。これは、大逆事件の真相が十分に明らかにされていない分、作者らの想像力が事実に迫ろうとする意義込みと迫力が、他の巻と異なり、格段に発揮されたからであると思う。オススメしたい。
なお、石川ジローの描画は高く評価されるべきだが、人物の描き分け、特に女性の顔の描き分けが、十分ではないように思えた。誰なのか分からなくなって、ページをめくり返すことが何度かあった。この力量の持ち主にして何故、という疑問を拭えなかった。

2016/09/19

富岡多惠子『湖の南』

富岡多惠子『湖の南』(新潮社)読了。
湖とは琵琶湖である。その南、大津が主な舞台。大津に住むようになった著者の随筆的な話しに、明治24年大津事件の経緯と背景を探る話しで構成されている。
特にロシアの皇太子ニコライを襲った大津事件については、津田三蔵の書簡、裁判記録、ニコライの日記など資料を使っての記録文学として読ませる。伊賀上野出身の津田三蔵について、その先祖から親類縁者まで(松尾芭蕉を絡ませ)、また維新・廃藩置県西南戦争参戦を経て巡査となった三蔵を(西郷隆盛わ絡ませ)、若い時からの書簡や資料を使って描き出したのは圧巻。そして、大津事件の受難者でロシア革命で処刑されるニコライについて、その日記を引きながら人間像を描いているのも読ませる。
名もなき三蔵とニコライ皇帝、この歴史の奔流が邂逅させた二人に同じ視線を向けて作品に仕上げたた著者の力量は並々ならぬものがある
ただ後半部は、かつて知った電気屋の息子からのストーカーまがいの手紙に悩まされる話しも加わり、この位置付けがよく分からない。が、いい作品だ。
2019/09/19

山内進『北の十字軍』

山内進『北の十字軍』(講談社選書メチエ 1997; 講談社学術文庫 2011)再読。

ヨーロッパ北方の異教徒をキリスト教化(カトリック化)すべく、ローマ教皇の名の下にバルト地域(西スラヴ・ヴェンデ、プロイセンリトアニアリヴォニアエストニア)そして正教のロシアに進出・侵出しようとした動きを扱った本。その中心にいたのがエルサレムに向かった十字軍の中から生まれたドイツ騎士修道会
本書は、そのドイツ騎士修道会プロイセン及びリトアニアとの凄まじい攻防を描き出すとともに、後にドイツ騎士修道会に吸収されるリヴォニア帯剣騎士修道会リヴォニア騎士修道会リヴォニアエストニア南部とラトヴィア東北部)征服をも扱い、今日のバルト三国の歴史を理解するためにも欠かせない本である。
ここに登場する騎士修道会は常備十字軍というべきもので、その異教徒に対する殺戮は凄まじい。そして著者によれば、プロイセンバルト海沿岸地帯そして今日のバルト三国に派遣された十字軍とその思想は、その後のアフリカとアメリカへの「ヨーロッパの拡大」のひな型を提供するものだったという。
ただし一方、ヨーロッパはこのような異教徒に対する暴力的な支配に反対する強力な思想と勢力も産み出した。異教徒の権利を認めるローマ教皇インノケンティウス4世、神学者トマス・アクィナス、聖職者ラス・カサス、教会法学者パウルス・ウラディミリ、国際法学者ビトリアなどである。
彼らは、その論理の根拠を自然法や万民法に置いていた。非ヨーロッパを征服・植民・従属するヨーロッパと、それを批判するヨーロッパーーそれは、形を変えて今日も続いている。

2018/09/17