木下尚江『火の柱』

読もうとして挫折を繰り返していた木下尚江『火の柱』(1904年5月初刊)を一気に読了した。鄭玹汀『天皇制国家と女性:日本キリスト教史における木下尚江』(教文館、2003年2月)によって、近代日本における木下の位置を頭に入れていたことによって、読了で…

大槻文彦『大言海』の表記について

ことわざについての出版企画を検討中。文中、1956年版の大槻文彦『新訂 大言海』が出てくる。わたしが持っている1932-35年版の4冊本『大言海』でチェックしている。大言海の旧仮名遣いはメリットであるが、今日の五十音順とは異なる配列、変体仮名による表…

柳田泉『日本革命の予言者 木下尚江』(春秋社、1961)読了

20130920 柳田泉『日本革命の予言者 木下尚江』(春秋社、1961)読了。吉野作造らとともに明治文化研究会を主導した篤実な日本近代文学史家というイメージを抱いていた柳田泉が、ラディカルなキリスト教革命家というべき木下尚江について一書を著しているこ…

鄭玹汀『天皇制国家と女性:日本キリスト教史における木下尚江』(教文館、2003年2月)を読む

20130518 鄭玹汀『天皇制国家と女性:日本キリスト教史における木下尚江』(教文館、2003年2月)本 書は、木下尚江についてフェイスブックに書かれていた未知の鄭さんに私が応答し、そして献本していただいたものである。見知らぬ私にお贈りいただいた鄭さん…

『月刊 文藝春秋』創刊号(1923年1月1日)復刻版by黒岩ライブラリー。

『月刊 文藝春秋』創刊号(1923年1月1日)復刻版by黒岩ライブラリー。発行元の文藝春秋社に住所は菊池寛の自宅であり名義的なもので、発売元は春陽社だった。自立するのは3年後。ページは28と今日のPR誌並み。発行部数3000部。芥川龍之介「侏儒の言葉」な…

中江兆民の日本出版会社

20180516 中江兆民は、1883(明治16)年に「日本出版会社」を作り、社長に就任。バックル『英国文明史』第1-8篇(土居光華訳、1883-84)、ヒューム『政治哲学論集 第1巻』(土居言太郎、1885)はじめ何冊かの本を翻訳出版している。その前に『民約訳解』など…

高坂正堯先生のこと

24前の今日、1996年5月15日、国際政治学者の高坂正堯先生が亡くなりました。享年62. 高坂先生には『講座国際政治4 日本の外交』(東京大学出版会 1989)で「日本外交の評価」というテーマで、入江昭先生と対になる構成で執筆いただきました。執筆の依頼のた…

須田茂『近現代アイヌ文学史論:アイヌ民族による日本語文学の軌跡〈近代編〉』(寿郎社、2018)

須田茂『近現代アイヌ文学史論:アイヌ民族による日本語文学の軌跡〈近代編〉』(寿郎社、2018)を読み始めたところ。当然ながら、「近代」とは、「アイヌ」とは、「文学」とは、また「日本」とは、等などの問いが押し寄せてくる。それに対して、著者は著者な…

『男はつらいよ 純情篇』と垂水五郎さん

テレビで『男はつらいよ 純情篇』を初めて見た。これは、は、1971年公開のシリーズの6作目。寅さんの相手は若尾文子。寅さんが失恋する最終場面に登場するのが、若尾文子の夫役の垂水五郎であって、見ていて、あっと驚いた。というのは、わたしは学生時代に…

前田河広一郎の作品を読む

前田河広一郎(1888-1957)の作品「セムガ(鮭)」(1929)及び「アトランティック丸」(1931)を読了。「セムガ(鮭)」は、小林多喜二の「蟹工船」に似て、函館から送られた漁師ほか数百人がカムチャツカでの鮭鱒漁および加工に携わる過酷な労働現場と管理の様子を…

『日本人の読み書き能力』

20130127 日本語の表記について大事なことを書きます。少し長いですが、御忍耐のほどを―― 今日1月26日の朝日新聞夕刊「昭和史再訪」の「21年(1946年11月16日) 当用漢字の告示」は大きな問題がある。見出しは「楽に読み書き ローマ字化阻む」である。コラム…

足利学校メモ

2012年10月30日の足利学校メモ足利学校メモ①:五味文彦『日本の中世を歩く』(岩波新書、2009)によれば、連歌師の宗祇の弟子である宗長(1448-1532)の著した『東路の津登』(あずまじのつと)には、永正6年1509年に下野の足利学校に立ち寄った時の記述が…

詩人 竹内浩三:骨のうたう

99年前の今日、1921年5月12日、詩人の竹内浩三が三重県宇治山田市(現 伊勢市)に生れました。彼は中学校の先輩 小津安二郎を目指して映画を撮る夢を持っていましたが、徴集され、1945年4月9日にフィリピンで戦闘死したと伝えられます。享年23. 彼の残した…

中村睦男先生とお会いする(20180223)

20180223 今日は『アイヌ民族法制と憲法』(北海道大学出版会)の著者 中村睦男先生と初めてお会いし、1時間ほど歓談。新著をめぐっての話のほか、驚いたのは、先生の出身の室蘭栄高校の先輩に知里真志保、そして鴨下重彦先生がいたこと。特に鴨下先生(2011…

日本:ニッポン、ニホン

「日本」をどう発音するか。戸板康二『折口信夫座談』(中公文庫 1978)で、折口信夫は、1946年時点で、太平洋戦争中は「ニホン」に勢力があり、戦後は「ニッポン」が増えているといい、昔の日本語にはパ行の音がなかったので、「ニッポン」と発音するのはい…

中村睦男先生逝去:『平和憲法とともに』

中村睦男先生が逝去された。今年に入って、『教材判例憲法 第五版』(北大出版会)や『平和憲法とともに:深瀬忠一の人と学問』(新教出版社)を出版されていたので、お元気であるとばかり思っていた。その『平和憲法ともに』の書評がつい先日、道新に出たばかり…

中村睦男先生逝去:『アイヌ民族法制と憲法』を読む

中村睦男先生が4月17日に逝去されていた。享年81.憲法学者で北大総長を、他に北大出版会理事長、北大生協理事長、また、白老町で開業を控えていたアイヌ文化復興拠点「民族共生象徴空間(ウポポイ)」を運営するアイヌ民族文化財団(札幌)の理事長も務め…

二葉亭四迷の死

111年前の今日、1909年5月10日、二葉亭四迷(長谷川辰之助)が亡くなりました。朝日新聞特派員としてロシアに赴任、病を得て、日本郵船の加茂丸に乗船して日本への帰国途中に、ベンガル湾上で逝去。享年46. 追悼集として坪内逍遥・内田魯庵編『二葉亭四迷』…

中村武羅夫『明治大正の文学者』所収の「誰だ?花園を荒らす者は!」(新潮1928年6月号)読了

中村武羅夫『明治大正の文学者』所収の「誰だ?花園を荒らす者は!」(新潮1928年6月号)読了。真っ当な評論と思う。当時の文学・社会についての勘所を抑えていないと、正解しにくいかも知れないが。《なかむら むらお 編集者・作家 1886 - 1949 北海道に生…

宇野重規著『政治哲学へ:現代フランスとの対話』(東京大学出版会)の増補新装版ができた

20190508 宇野重規著『政治哲学へ:現代フランスとの対話』(東京大学出版会)の増補新装版ができた。初版以来15年。嬉しい。あとがきの追記で宇野先生は、製作を担当した故人の白崎孝造についても触れられている。ありがたい。 この本は、タイトルをどうする…

山本健吉の中野重治評

20170507 29年前の今日、1988年5月7日、文芸評論家の山本健吉が亡くなりました。1907年長崎市生れ。享年81. 戦前、特高により夫婦ともに拘引された経歴あり。作家で共産党員歴のある中野重治についての山本の次の一文がいいーー《中野氏はその詩と散文とを…

キリシタン、フロイス

20120507 キリシタンの漢字表記:伝来当初は、幾利紫旦、貴理志端、吉利支丹などの字が宛てられ、禁教令施行後には鬼利至端、貴理死貪と書かれ、1680年に吉宗が将軍職につくと、「吉」の字を憚って、切支丹と宛てられるようになった。五野井隆史『日本キリス…

堀達之助と洋学

20190505 堀孝彦『開国と英和辞書 評伝・堀達之助』(港の人 2011) の「第5章 箱館時代」を中心に再読。蕃書調所で日本最初の本格的英和辞典『英和対訳袖珍辞書』を編纂した後、1864(慶應元)年、江戸の開成所教授職のまま箱館奉行所通詞として箱館に着任し…

中江兆民の日本出版会社

20180516 中江兆民は、1883(明治16)年に「日本出版会社」を作り、社長に就任。バックル『英国文明史』第1-8篇(土居光華訳、1883-84)、ヒューム『政治哲学論集 第1巻』(土居言太郎、1885)はじめ何冊かの本を翻訳出版している。その前に『民約訳解』など…

『新人』: 本郷教会と東大新人会そして吉野作造と佐左木俊郎

高見順『昭和文学盛衰史』第2章「黒き犯人」の中で、左翼雑誌として『新人』大正14年(1925) 8月号に言及している。その号には《大山郁夫「無産政党と無産階級意識」といった論文と今野賢三「女花火師」等の創作欄の間に、プロ・コント集というのがあって…

山本健吉『いのちとかたち:日本美の源を探る』

20170505 山本健吉『いのちとかたち:日本美の源を探る』(新潮社 1981)読了。購入が「2004年10月16日」というメモ書きがあるから、12年半にして読んだことになる。山本については『古典と現代文学』を学生時代に、『大和山河抄』をその後に読み、『釈迢空』…

林勉ゼミ「古代研究」の思い出

20170505 今日、山本健吉の『釈迢空』(角川選書 1972)を読んでいたら、万葉集に載る千葉県市川の真間の手児奈伝説の歌が出てきて、懐かしくも思い出したことがある。46年前のことである。19歳、大学2年生の時、教養ゼミで、契沖研究が専門である林勉先生の…

鈴木義男と憲法誕生と吉野作造と

5/2日、ETV特集「義男(ギダン)さんと憲法誕生」は、見応えのあるものだった。この番組は、3年前に放送されたNHKスペシャル「憲法70年 “平和国家”はこうして生まれた」に繋がる番組で、福島県出身の鈴木義男(よしお)(1894-1963) に焦点を当てている…

石原吉郎の絶筆と伝道の書:『群像』9月号特集「戦後文学を読む」に触れて

20110817石原吉郎の絶筆と伝道の書:『群像』9月号特集「戦後文学を読む」に触れて 「戦後文学」という言葉がある。太平洋戦争の後のある一定の時期、戦後性を体現した傾向の強い文学を言うが、荒正人や埴谷雄高らの『近代文学』が推力となり、それを取り巻…

石原吉郎の死

20140214 私はこの1月に62歳を迎えた。かつては、とても想像し得ない年齢である。そして、私がその「沈黙の表現」により、生を生き延びることができた詩人・石原吉郎が1977年に62歳で(あたかも意図的な自死のように)亡くなったことを想うと、今の生きてい…